TKFロゴ スライド1 TKFロゴ スライド2 TKFロゴ スライド3 TKFロゴ スライド4 TKFロゴ スライド5

福井県不定期開催とんがりオールジャンルパーティー「Age」を開催

what's new

contrast tour
age logo

2012/12/15 (SAT)

1215flier

OPEN 21:00-
BAND START 21:30-

TICKET 3,000yen 
DOOR 4,000yen 
LAWSON TICKET [53626]
※如何なる理由があってもチケットの払い戻しは
できませんので予めご了承下さい

SHOP
  • BROWNIE'S
  • UPPERYARD
  • イチバン食堂
  • ベーグル屋 スックムック

ticket info

brownie's IVYIZM upperyard yamato X-Plosion Doggy's bar

アピタ福井大和田店

SUPECIAL GUEST

DJ KENTARO

kentaro ターンテーブリストであり、サウンドクリエイターである日本のDJ。世界最大のDJバトル『DMC World Final 2002』において大会史上最高得点というギネスを残し、文字通り圧勝でアジアから初の世界チャンピオンになる。その後、フジロックをはじめ国内のビッグ・イベントや、海外のフェスティバルなどに積極的に出演。40日間に渡るソロEUツアーなどを収めたDVD作品 『National Geoscratch』 を2005年1月にリリース、 同DVDに収録された"Loop Daigakuin"は、Youtubeの視聴回数200万ビューワーを越える。またNHKの番組『トップランナー』やSpace Shower TV IDなど数々のメディアにも積極的に登場し、 2004年12月にはUK屈指の老舗レーベル〈Ninja Tune〉の音源のみを使用したミックスCD『On The Wheels Of Solid Steel』が世界リリースされる。また様々な楽器奏者や歌い手ともセッションを重ね、国内外アーティストのリミックスや楽曲参加など、数多くの作品を世に出している。
2006年4月に〈Ninja Tune〉とアーティスト契約を交わし、1stソロアルバム『Enter』を2007年に世界リリース。その独特にして強烈なリズムとジャンルを縦横無尽に駆け巡るサウンドデザインが評価され、オリコン・インディーズチャート1位、iTunesのダンスチャートではアルバム、シングル共に1位を獲得。2008年にはUKのレゲエ・レーベル〈Pressure Sounds〉よりレゲエオンリーの『TUFF CUTS』、また自身のレーベル〈Endeavor〉から『“NAMA” Live Mix』と立て続けにDJミックス作品をリリース。2010年は、〈Ninja Tune〉のレーベル創立20周年を記念したコンピレーションCDに参加。 2011年4月には米カリフォルニア州で行われたコーチェラ・フェスティバルに出演を果たす。また今夏のフジロックフェスティバルへの出演も決定。

現在も地球上をジャンルレスな音楽観と共に飛び回るターンテーブルマエストロ、 DJ KENTARO。ニュー・アルバムは6月27日発売。
www.djkentaro.jp

close

KIREEK

kireek 戌年生まれのDJ YASAとHI-CによるターンテーブルユニットKireek。
2人で操るターンテーブルは万華鏡のように次々と華麗な変化を生み出し、1+1=無限大の可能性を武器に、様々なジャンルをクロスオーバーさせた独自のプレイにより行く先々でフロアを完全ロックする。2007年、日本が誇るビッグレイヴ FUJI ROCK FESTIVALに参加。同年ロンドンで開催されたDMC World DJ Championshipのチーム部門で初出場にもかかわらず並み居る強豪国を抑え世界チャンピオンの栄冠をつかみ取る。
2人の勢いはとどまることを知らず、続く08年、09年、10年ディフェンディングチャンピオンとして出場し、世界記録4 連覇の偉業を成し遂げた。そして遂に2011年、ロンドンにて前代未聞の5連覇に挑戦し、結果ジャッジ全員がKireekに1位をつけるという完全勝利で世界新記録5連覇を達成し不動の地位を確立する。 その独特なサウンドスタイルが評価され、ロンドンでNIKE DESTROYERジャケットを記念したイベントやDJ Krush / Prefuse 73との共演、モスクワで行われたTOYOTA IQのロシア発売イベント、中国ツアーなど海外でも注目される。
これまでにバトルブレイクス12inch『Kireek Breaks』のリリース。人力手動ブレイクビーツユニットHIFANAの『南風ケー ブル2』、ヒューマンビートボクサー太華の『顔面着地』などのアルバムに参加している。
楽しむ圧倒的なパワーは衰えることを知らず、この2人にしか成しえることのできない未知なる世界を今現在も貪欲に追い求め続けている。

close

ANIMAL LIVING

animal living Animal Living (NAO-K & GREEN DIESEL)
DMC JAPAN FINALISTのターンテーブリストDJ NAO-Kと独自の進化を続けるGREEN DIESELによる異色の打ち込みユニットAnimal Living。独自のコード感をもって、あらゆるTECHNO、HOUSE、TRANCE、BREAKBEATS、DUBSTEPなどの要素吸収して、再構築した楽曲重視の新境地DANCE MUSICを生み出す。
いよいよDANCE MUSICの楽典的クオリティーもここまで来たか。ライブではマッシュアップ、リミックスなどを含め、すべてオリジナルトラックで構成。
音楽配信サイトSoundcloudにて設立1ヶ月で1000人以上のフォロワーを獲得し、世界中からコメントが寄せられている。オリジナルトラックでフロアを熱くする2人は必見!!

close

BAND SHOWCASE

LASTCALL

lastcall LASTCALL are Massa dogss from original K.G.B(vo,g) Kent wild aka 野犬人 from desperado(mc) ske13 aka 東尋坊 from cremeA代表(mc) OTO(g) Sleep`n bass(b) よ ロンボーン(tb) ひろ ンペット(tr) MNBE&TNBE(ja) Naopantie(dr)。Sun Danceをともに感じ、1999年7月4日、北米アリゾナ州・BigMountainで『Last Call』を結成し、Big Mountain SurvivalCamp→Anna Mae Camp→Taos, New Mexico→Crow Dog’s Paradiseの巡礼後、2000年1月15日サンフランシスコ国連ビル前から『Global Peace Walk 2000』に参加、2000年10月24日ニューヨーク国連まで、『Global Peace Now!』の雄叫びを叫び、祈り、大陸横断。
2004年9月福井県で日本初LIVE。その後、裏日本Representativesとして、毎年Crow Dog’s Paradiseで行われるSundanceにSundancersとSupportersを派遣している。時が許す限り、(最後/永遠に続く)の(叫び/使命・天職)『Last Call』をWherever, whenever, for no reason at allを主旨に、近年では北陸・福井を拠点とし全国のストーナーズを魅了しバビロンを煙に巻きヘッズをロックし続けるatomic E-FUNKBANDとして音で伝えるメッセージを追求しつつ現在もnow進化中。切っても切れない仲間と日々考えながら活動中。
各地の野外フェス、ストリートライブ、ギャザリング等に参加する他、人間回帰をテーマとする祭-49′inをFamilyでオーガナイズ。現在1st single制作中。 Global peace Time has come  All our relations.

close

HELLSPEED BUTCHER

DANNE THE FAMILY BAND

SHOWCASE

DJ FUMMY

DJ 443

DJ YOCO ORGAN

DJ

KOIZMIX

koizmix

close

CRAZY BEAR

SHINGO

TSUKASA

RIF

JAM FORCE

MUKAIDE

MINE

MATSUHARA

NOZOMI

KEY-YOPS

TKF on SNS
tumblr

Copyright © TKF | All rights reserved.