past_event

Age

2009/11/21 (SAT)

09_11_21flier

TICKET 3,000 yen
DOOR 3,500 yen

START  22:00

casa
  • LIGHTING

  • PI★CA
  • DECORATION

  • CONSENT

B1F casa

SPECIAL GUEST

KEIZOmachine! (HIFANA)

keizomachine!
------- 1 of HIFANA / Producer / DJ / Percussionist ------

HIFANA profile
KEIZOmachine!とジューシーによるブレイクビーツユニット。

1998年より活動開始。ライブではプログラミングやシーケンスをいっさい使用せずリアルタイムにサンプラーのパッドを叩いてビートを刻み、スクラッチやパーカッションなどを乗せていく独特のLIVEスタイルと、GROUNDRIDDIMやW+K Tokyo LabによるVJを迎えた音楽と映像との融合が特徴。一方、CDやレコードなどで聴ける楽曲ではプログラミングやシーケンスをふんだんに使用し独特のHIFANAサウンドを作っている。またHIFANAのアーティスト写真やPV等でも見られる数々のキャラクターのアートワークはソロボンヌ先生a.k.a.ジューシーとMAHAROが手掛けている。

1999年にDJ用スクラッチ・レコード『SOUND TOUCHABLE』をリリース。2003年には同タイトルの二作目『Sound Touchable弐』をリリース。2003年11月19日には初のフル・アルバム『FRESH PUSH BREAKIN’』をW+K Tokyo Lab / felicityよりリリース。このアルバムに収録していたミュージックビデオ『FAT BROS』が”スペースシャワーTV”『SPACE SHOWER MUSIC VIDEO AWARDS 04』にてBEST CG/ANIMATION VIDEOの受賞や、海外の様々な映像の賞を受賞。また自身のレーベルNAMPOOHを主宰し、イベント制作(『ZAMURAI』主催等)、CM等への音楽提供や、アートディレクション等々の様々な活動を幅広く行なっている。2005年8月には2ndアルバム『CHANNEL H』をリリース。(アルバム収録PV “WAMONO”が平成17年度文化庁メディア芸術祭優秀賞/”スペースシャワーTV”『Best CG/ANIMATION VIDEO ’06』を受賞)2005年12月にHIFANAが主宰するイベント『ZAMURAI』のライブ映像を日本の様々な映像クリエイターによって編集したDVD 『ZAMURAI TV』をリリース。2006年8月には初のレーベルコンピ『NAMPOOH CABLE』をリリース。2007年8月には海外/国内の様々なライブをコンパイルしたDVD作品と新曲を加えた2.5枚目のアルバム『CONNECT』でEMI Music Japanへメジャー移籍また同作品において、フランスはEMI傘下の“DELABEL”と初の海外メジャー契約。そして、2010年7月28日に全12曲に12本のミュージックビデオを収録したCD+DVDアルバム『24H』を発表

close

鎮座DOPENESS

鎮座DOPENESS 1981年生まれ。東京・調布生まれ国立育ち。2004年より活動開始。

ヒップホップ、ブルース、レゲエなど様々な音楽がミックスされたカメレオンのような音楽性と、フロウや韻における際立った独創性、ブルージーかつフリーキーな唄心をあわせ持つ異才MC /ヴォーカリスト。
圧倒的なスキルと表現力によるフリースタイル・パフォーマンスが、16万回を超えるYou tube clipなどを通じて話題を呼び、熱烈なコアファンを増殖させている。

2009年RAP FREESTYLE BATTLE “UMB” のチャンピオン。

ただいま自身のバンドDOPING BANDO のアルバムとLOOP ALBUMを制作中。

close

DJ YASA (KIREEK)

yasa どこにでもいる田舎のスケボー少年が、17才の時に魅せられたターンテーブル。
DJを始めてわずか3年にして世界最大規模のDJバトル、DMC WORLD DJ CHAMPIONSHIP 2003において日本チャンプに輝くと、ロンドンで行われた世界大会で世界4位という衝撃デビューを果たす。
その翌年、盟友 HI-C(2005 Vestax Extravaganza World Champion)とターンテーブリズムユニット『Kireek』を結成。 2006年 DMC WORLD CHAMPIONSHIPでは2度目の日本チャンピオン、さらにWORLD FINALで会場に集まった様々な国の人々を興奮の渦へ誘い、堂々の第2位の座を獲得し世界に日本の名を刻み込んだ。
またKireekとしての活動では、2007年日本が世界に誇る野外フェス FUJI ROCK FESTIVALに出演。 同年のDMC WORLD CHAMPIONSHIP TEAM部門において、ドイツ、フランス、イギリスなどの強豪国を抑え初出場にしてアジア初の世界王座に輝くと、続く08年、09年、10年、11年と防衛王者として世界記録の5連覇の偉業を成し遂げた。
その独特なサウンドスタイルが評価され、ロンドンでNIKE DESTROYERジャケットを記念したイベントやDJ Krush / Prefuse 73との共演、モスクワで行われたTOYOTA IQのロシア発売イベント、中国ツアーなど海外でも注目される。
そのプレイスタイルはまさに "FUN !!"、プレイしている本人の表情と雰囲気を見てもらえれば分かるだろう。
ジャンルを超越した選曲、2枚のレコードを駆使し作り出されるサウンドストーリー、他とは一線を隔す衝撃のライブを約束しよう。
これまでにHIFANAアートワークでおなじみ、MAHAROデザインのMIX CD TRIPシリーズ3枚リリース。新感覚 カレンダーUNIQLO CALENDARでFantastic Plastic Machineとコラボレートし、その曲が6枚目のアルバム『FPM』にて1曲目に選抜される。
OILWORKSより「映像」と「音」を融合させたコンピレーションアルバムDVD、『The Visionaries』の特典映像で参加。 OILWORKS TECHNICS OsakaでのLiveセット MIXCD『The Technics Technique』のリリース。
Kireekではバトルブレイクス12inch『Kireek Breaks』のリリース。
Ninja TuneのDJ KENTARO初DVD作品『National Geoscratch』、人力手動ブレイクビーツユニットHIFANAの『南風ケーブル2』、ヒューマンビートボクサー太華の『顔面着地』など、様々なジャンルの作品に参加している。
地球をフィールドに、音楽とスキルで世界にポジティブエネルギーを与え続けるDJ/TURNTABLIST/SOUND CREATORである。

Titles / Awards:
YASA
2003,06 DMC DJ Championship Japan Champion
2003 DMC DJ Championship World 4th
2006,07 DMC DJ Championship World 2nd

Kireek
2007 DMC DJ Championship Team World Champion!
2008 DMC DJ Championship Team World Champion!!
2009 DMC DJ Championship Team World Champion!!!
2010 DMC DJ Championship Team World Champion!!!!
2011 DMC DJ Championship Team World Champion!!!!!

close

LIVE

SKE13・KENT WILD
(from LASTCALL)

lastcall LASTCALL are Massa dogss from original K.G.B(vo,g) Kent wild aka 野犬人 from desperado(mc) ske13 aka 東尋坊 from cremeA代表(mc) OTO(g) Sleep`n bass(b) よ ロンボーン(tb) ひろ ンペット(tr) MNBE&TNBE(ja) Naopantie(dr)。Sun Danceをともに感じ、1999年7月4日、北米アリゾナ州・BigMountainで『Last Call』を結成し、Big Mountain SurvivalCamp→Anna Mae Camp→Taos, New Mexico→Crow Dog’s Paradiseの巡礼後、2000年1月15日サンフランシスコ国連ビル前から『Global Peace Walk 2000』に参加、2000年10月24日ニューヨーク国連まで、『Global Peace Now!』の雄叫びを叫び、祈り、大陸横断。
2004年9月福井県で日本初LIVE。その後、裏日本Representativesとして、毎年Crow Dog’s Paradiseで行われるSundanceにSundancersとSupportersを派遣している。時が許す限り、(最後/永遠に続く)の(叫び/使命・天職)『Last Call』をWherever, whenever, for no reason at allを主旨に、近年では北陸・福井を拠点とし全国のストーナーズを魅了しバビロンを煙に巻きヘッズをロックし続けるatomic E-FUNKBANDとして音で伝えるメッセージを追求しつつ現在もnow進化中。切っても切れない仲間と日々考えながら活動中。
各地の野外フェス、ストリートライブ、ギャザリング等に参加する他、人間回帰をテーマとする祭-49′inをFamilyでオーガナイズ。現在1st single制作中。 Global peace Time has come  All our relations.

close

Macaque (from TKF)

macaque ライブではクラブミュージックを主体にレゲエ、フラメンコやクラシック、ブルース、ハードロック、メタルまで様々なスタイルを見せるギタリスト。 音源としては、DJ YASA「SPACE TRIP」、SING J-ROY「Dee-Jay Daddy」、SUNSET THE PLATINUM SOUNDからリリースの「WALL RIDDIM」、DJ NOZAWA「AIGYO」のトラック製作、録音に参加。自身でも楽曲、トラック製作中。また、オールジャンルイベントTKF presents "Age"も開催している。

close

CROM-91 (GUERRILLA FUNK)

KUMY

DJ

NAO-K

DJ NAO-K

close

KOIZMIX

close

GREEN DIESEL

green_diesel

close

FIRST CUT

close

NOZOMI

close

movies

KEIZOmachine! 鎮座DOPENESS DJ_YASA SKE13_KENT_WILD_Macaque

KEIZOmachine!

鎮座DOPENESS

DJ YASA

SKE13・KENT WILD
Macaque session

photos

TKF on SNS
tumblr
totop

Copyright © TKF | All rights reserved.